労働生産性 PDF 印刷 Eメール
作者 「財務分析.jp」管理者   
2011年07月 03日(日曜日) 23:27
■概要

 従業員一人当りの付加価値を生み出したかを示す指標。
 労働生産性の伸び率が平均人件費の伸び率を上回るように経営していく必要がある。

■計算方法

 付加価値※1/従業員数※2
  ※1付加価値=人件費+賃借料+租税公課+支払特許料+減価償却実施額+営業利益
         (=日経経営指標による粗付加価値)
  ※2従業員数=(前期従業員数+当期従業員数)/2

■ポイント算出方法

 35%~
  →評価:A ポイント:7
 30%~
  →評価:B ポイント:6
 25%~
  →評価:C ポイント:5
 20%~
  →評価:D ポイント:4
 15%~
  →評価:E ポイント:3
 ~15%
  →評価:F ポイント:2
 
■利用方法

 1. 同業他社と比較してみる
 2. 付加価値の低い原因を分析する
   (人件費/粗付加価値)×100=労働分配率(%) 全産業平均48.44%

 
Copyright © 2018 財務分析.jp. All Rights Reserved.