Home コラム 経済・投資について NY株急落を受けて

企業ランキング


Warning: Parameter 1 to modMainMenuHelper::buildXML() expected to be a reference, value given in /home/users/0/deca.jp-tohyama-shachu/web/financial-analysis/libraries/joomla/cache/handler/callback.php on line 100

検索・スクーリング


Warning: Parameter 1 to modMainMenuHelper::buildXML() expected to be a reference, value given in /home/users/0/deca.jp-tohyama-shachu/web/financial-analysis/libraries/joomla/cache/handler/callback.php on line 100
NY株急落を受けて PDF 印刷 Eメール
作者 「財務分析.jp」管理者   
2008年09月 23日(火曜日) 11:04

本日の日経新聞より、

金融機関が保有する不良資産の買い取りなど米政府による総合対策を受けた前週末の上昇(368ドル)が完全に相殺された格好。総合対策の中身がまだ不透明なことに加え、米景気の冷え込み懸念がぬぐえないことなどを嫌気した売りが膨らんだ。

とのこと。

 金融安定化策をめぐって不安感が広がったことと、今後の景気冷え込みに伴って金融機関の経営環境が悪化しかねない見方が強まり、金融・住宅建設・製造業株などへの売りが膨らんだ様です。管理人としても納得できる理由ですが、ここまでの急落は好ましくないですね。。

 明日の日本株式は、この急落の影響と利確売りが多くなり、大幅に下げるかと思いますが、狼狽売りが多く、下げすぎた場合には、リバウンド狙いを狙っても良いのではないでしょうか。

 今、日本がアメリカ金融安定化に向けて、一役買っている様な話題が出ています。

  • 三菱UFJのモルガン・スタンレーの第三者割当増資 
  • 野村HDのリーマンのアジア部門買収


 管理人としては、時期尚早かなと思いましたが、金融の世界再編に日本をアピールするには格好の機会かなぁと思います。もちろん機会だけではなく、この方針が成功して欲しいですし、他の業界の日本企業もこの事象に続くような、世界への広がりを見せて、世界経済安定に一役買って欲しいと思います。

頑張れニッポン。

今週も頑張りましょう!

 

 
Copyright © 2022 財務分析.jp. All Rights Reserved.